2015年08月23日

マウルブロン修道院の見どころ


※当ブログは、liliki.netへ移転しました。
しばらくすると、自動的に新ブログへ転送します。






世界遺産の「マウルブロン修道院」は、




厳かな雰囲気のあふれる美しい空間でした。






マウルブロン修道院の見どころ





マウルブロン修道院」は、ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州に残る旧シトー会修道院です。中世の修道院としては、ヨーロッパで最も保存状態が良いものの一つなんだとか。






石造りの門をくぐると、




修道院の敷地が広がっています。





そこには、かわいい建物がいっぱい♪










奥に進むと、修道院がありました。







「パラダイス」と呼ばれている美しい玄関ホールを抜け、




修道院の内部へと進んでいきます。



 ↑
なんか「隠れミッキー」みたいやつがいました。











こちらの教会はロマネスク様式でつくられましたが、




天井は後に、ゴシック様式へと改修されたそうです。




美しい…!





当時、修道院に暮らす人々は「修道士」と「平修道士」の2種類に分かれていました。




「修道士」はひたすら神に祈りを捧げ、「平修道士」は肉体労働をこなしていました。




それぞれの生活スペースはきっちりと分けられており、寝る場所も、祈る場所も、ごはんを食べる場所も、すべて別になっていました。



 ↑
こちらは「平修道士」が祈るための教会。



 ↑
そして反対側にまわると「修道士」用の教会があります。


修道士たちは1日に8回も、神への祈りと礼拝を行っていたんだとか。













2階には、修道士のドミトリーがあったそうです。




修道院の生活において、修道士は「おしゃべり禁止」でした。教会はもちろん、ドミトリーでも、食堂でも私語は厳禁。



 ↑
唯一こちらの談話室でのみ、おしゃべりOKだったそうです。厳しいですね…!




 ↑
ここの小さな小部屋は、暖房室




冬はここで火を燃やして、各部屋に暖かい空気が行き渡るようにしていたそうです。





とはいえ修道院は、冬場ものすごく寒かったみたいです。(夏は涼しくて快適なんですけどね)



 ↑
食事の前には、こちらの美しい噴水で手を洗っていたんだとか。




 ↑
こちらは修道士用の食堂です。




食事は1日2食で、お肉は禁止だったそうです。



そういえば、南ドイツで有名な料理の一つに「マウルタッシェン」というものがあるんですが、
 ↓


これは、野菜やひき肉を刻んでまぜた具を小麦粉の皮で包んだもので、「餃子」のドイツ版といった感じの料理です。(味は違うけど)




実はこれ、何を隠そうこのマウルブロン修道院で生まれた料理なんです。


お肉を食べたかった人が、「野菜と一緒に肉を皮で包んじゃえば、誰も気づかないでしょ!」と思って、この料理を編み出したのです。よっぽどお肉食べたかったんだね…(笑)


ちなみにお肉はダメだけど、ワインはOKらしいです。(なんかその辺は、日本のお寺と感覚が違いますね)



 ↑
こちらは、非修道士用の食堂。




 ↑
亡くなったら、この棺に入れられて、庭に埋められたそうです。







マウルブロン修道院はその後、宗教改革を経てプロテスタントの神学校に変わりました。天文学者のヨハネス・ケプラーや、作家のヘルマン・ヘッセなどもこの神学校で学んだそうです。

ヘルマン・ヘッセの自伝的な小説『車輪の下』も、この学校が舞台となっています。(ちなみに、ヘッセはうつ病っぽくなって、1年足らずで神学校を辞めたらしいです)



 ↑
生徒たちの落書きが刻んだ自分たちの名前。



マウルブロン修道院の周辺散策





マウルブロン修道院の周辺には、お散歩コースがあります。




こちらの階段を登って、




しばらく進むと




湖に出ました。






階段を登って、




ブラブラ散策。




自然の中で、のんびりできました♪





マウルブロン修道院周辺のホテル





今回泊まったのは、「Hotel Klosterpost」。マウルブロン修道院から歩いて5分ほどの距離にあります。




こじんまりとして、可愛いらしいホテルでした。










わたしたちが泊まったのは別館だったようで、



朝食は歩いて2分の距離にある本館に食べに行きました。



バイキング形式で、ハム&チーズの種類が豊富な朝食でした。


※ホテルの詳細はこちら →Hotel Klosterpost



マウルブロン修道院のアクセス・観光情報





マウルブロン修道院への行き方
シュトゥットガルトからで電車でミュールアッカーに行き、700番バスに乗り換えて約20分「Alte Post」で下車。そこから徒歩10分。
バスに乗る際は、運転手さんに「マウルブロン修道院に行きたい」と伝えておくと良いでしょう。なお、プフォルツハイムからもバスが出ているようです(734番&735番バス)。
*バスは本数が少ないようなので、帰りの時間を先に確認しておきましょう。

マウルブロン修道院の入場料:7ユーロ。日本語のオーディオガイドあり(2ユーロ)。
営業時間:3〜10月は9:00〜17:30。11〜2月は9:30〜17:00。(閉店時間の45分前に入場を閉めきるっぽいです)



次回は、この旅のカギとなっている「ワルドー派」の人々についてお届けします^^♪


人気ブログランキングへ


※この記事は、European Travel Commission(欧州旅行委員会)との提携により「iambassador」が管理・運営を行ったブロガー旅行イベント「Visit Europe」で訪れた街のレポートです。ブログの内容はいつも通り、著者本人の個人的見解です。



スポンサードリンク



Facebookでは当ブログの最新情報や、国内・海外旅行・登山情報・旅行のコツ等をいち早くお知らせしています。
良かったら「いいね!」して、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓ ↓ ↓



Twitterでもいろいろつぶやいてます。
 ↓



インスタグラムは、最近始めました。
 ↓

Instagram




posted by りりー at 20:00 | コメント(2) | ドイツ・スイス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー、こんなおしゃれな感じの世界遺産修道院があったんですね。

やはり、ドイツの古い建物ってお洒落でかわいい感じがありますね。

でも、写真の中ではりりさんが一番可愛いと思いますけど。

ドイツに行きたくなりました。
Posted by 旅好き男 at 2015年08月23日 21:36
> 旅好き男 さん

んま〜!旅好き男さんたら、なーんて優しいんでしょうか…!(T_T) ありがとうございます!!

本当にお洒落で雰囲気の良い修道院でしたよ。少し行きにくい場所にあるせいか、観光客もそれほど多くないので、静かな修道院の雰囲気を味わいたい方にもオススメです♪ドイツに行くときは、ぜひ訪れてみてください(*´▽`*)
Posted by りりー at 2015年08月23日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コンピューターによる広告スパムを防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。