2014年05月15日

海外旅行パッケージツアーの賢い選び方(書評)


※当ブログは、liliki.netへ移転しました。
しばらくすると、自動的に新ブログへ転送します。




皆さんは、海外旅行に行くとき、「個人旅行(自由旅行)」で行きますか?それとも「パッケージツアー」で行きますか?




今でこそバックパッカースタイルの「個人旅行」派なわたしですが、昔は断然「パックツアー」派でした。(「個人旅行」って、なんかハードル高くて…)



でもツアーって、けっこう当たり外れが大きいんですよね。。お得なツアーは、いったいどう選べばいいのか?


…というのがこの本に書いてありました。(もっと早く出会いたかった)
 ↓




本の中から、特に「なるほど!」と思った以下の項目を紹介しましょう。

1,海外パック旅行の賢い選び方
2,ホテルに着いて、スーツケースを開く前に、必ずチェックしたいポイント





1,海外パック旅行の賢い選び方



世界62か国をまわった海外旅行マニアの著者いわく、海外パック旅行は“生鮮食品”のようなもの。お得なツアーを選ぶには、ふだんから価格を調べておき、安売りしてるときを狙うと良いそうです。



<パックツアーの選び方のポイント>


・ツアーを比較する際は、訪問都市、観光内容、ガイドの有無、航空会社、バスの豪華さ、ホテル、食事、出発時間、ツアーの参加人数などをチェック。


・「手を出せないあこがれのツアー」のパンフレットも、手に入れておく。最高級のものを知れば、おのずと目の前のツアーの見えなかった部分も見えてくる。


・パンフレットに「ルーブル美術館など」とあれば、「など」は「のみ」として読む。バスの中から見るだけの風景も観光に含まれるから。


・パンフレットの「5つ星ホテルに滞在」表記は、「どこに泊まるか決まってない」と読む。


「5つ星ホテル」と書いてあっても、実際には良くないホテルもある。日本の旅行代理店は、現地の代理店にほとんどを丸投げしているので、実際にホテルを見ていないケースが多い。


「航空会社未定」「乗り継ぎ便」だと、結果的に高くつく。燃油サーチャージや空港使用税などもかかるし、経由地の空港で何時間か待たないといけない。


・旅行に行く時期の「日没時間」は要チェック。日没が早い時期に行くと、ひどいときには真っ暗闇の中で観光するハメになる。




本書の中では、パックツアー上級者ならではの「裏ワザ」も紹介されています。


<パックツアーを申し込むときの裏ワザ>


・同じ内容のツアーで、行ける日程が2つある場合は、一度申し込んだ後、キャンセル料がかかる前ギリギリ(およそ35日前)に電話して、参加人数の少ない方に変更する。ツアーの参加人数が少なければ、トイレ休憩は短く、時間に遅れる人も少ない。旅がスムーズに進んで自由時間も増える。


美食の国(イタリア、スペインなど)に激安ツアーで行くと、料理がまずいことが多い。食事を数回キャンセルして、自分で行った方がいい。


・キャンセルがきかないオプショナルツアーは、現地でギリギリ粘って格安で申し込むとお得。ホテルの受付で「ツアーパンフレット、プリーズ」と言えば、情報を得られる。現地では、旅行代理店と全く同じ内容のツアーが半額で申し込めたりする。また天候と健康は、現地に着いてからでないとわからないので、現地に着いてから申し込んだ方がいい。



「オプショナルツアーは現地の方が安い」というのは、わたしも先日のドバイ旅行で経験しました。日本のツアー会社が紹介してくれた砂漠ツアーは、290ディルハム(約8,100円)でしたが、現地のツアー会社で申し込んだら、全く同じ内容で150ディルハム(約4,200円)と約半額でした!

(詳細記事→「ドバイは「世界一」が大好き!【モルディブ・ドバイ新婚旅行記A】」)



またモルディブ新婚旅行へ行く前に、知っておきたかったのがこちらのポイント。
 ↓

2,スーツケースを開く前に、必ずチェックしたいポイント



部屋が一定のレベル以下の場合には、ガマンせずに部屋を変えてもらう方が良いそうです。その際、申し出るのは、部屋に入ってすぐがベスト。スーツケースを開ける前なら簡単に部屋移動ができます。数分ですむので、以下の6つをチェックしましょう。




<スーツケースを開く前に、必ずチェックしたいポイント>


1,バスタブのお湯を出してみる。洗面所の蛇口を思いっきりひねって、お湯が出るか、排水はガマンできるか、匂いはどうか。

2,トイレの水がきちんと流れるか。

3,空調が壊れていないか?冷暖房のモーター音が、うるさすぎないか。

4,セーフティーボックスは部屋にあるか?壊れていないか?使い方もチェック。

5,ドア、窓、カーテンなどの開閉をして、防犯、非常時のことを意識して部屋を見る。

6,電話とテレビ、必要ならネット環境をチェック。



先進国以外のホテルは、次第に水の出が悪くなることもあるので、到着後すぐ湯船に半分くらいお湯をためてみた方が良いそうです。



お風呂といえば、先日モルディブ新婚旅行に行ったとき、いざお風呂に入ろうとしたら、茶色いお湯しか出なかった苦い思い出が蘇ります。 (詳細記事→「モルディブは、天国でした!!【モルディブ・ドバイ新婚旅行記@】」)
 ↓



綺麗な部屋だったので、すっかり油断してました…。



いくら美しい部屋でも、海外のホテルは油断禁物ですね!



ちなみに「ホテルの湯船にお湯を張る」行為は、ホテル住まいの俳優や歌手がよくやるそうです。湯船にお湯を張っておけば、乾燥しがちな部屋に加湿器と同じ効果を得ることができて、ノドにいいだけでなく、風邪の防止にも効果があるんだとか。





なお、ホテルのセーフティーボックス貴重品を忘れる人が多いですが、これはメモを書いて置いておくと良いそうです。ホテルのメモ用紙に日本語で「セーフティーボックス」と書いて、ぜったいに見逃さないところに置いておきます。「タンスにコート、冷蔵庫の飲みもの忘れない」といったようなことも、日本語で書いておいておけば、忘れることはありません。忘れ物にあとで気付くと、捜索手数料や送料で、予想外の出費がかさんでしまいます。




本著には、この他にも飛行機(エコノミークラス)の良い座席の選び方、バスツアーの座席の選び方、“はずせない”観光地リスト旅行代理店の徹底比較…など、パック旅行者はもちろん、個人旅行派の方にも役立つ情報が満載です。


海外パック旅行に興味のある方、旅の裏ワザを知りたい方は、ぜひ読んでみてください♪
 ↓




人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



Facebookでは当ブログの最新情報や、国内・海外旅行・登山情報・旅行のコツ等をいち早くお知らせしています。
良かったら「いいね!」して、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓ ↓ ↓



Twitterでもいろいろつぶやいてます。
 ↓



インスタグラムは、最近始めました。
 ↓

Instagram




posted by りりー at 19:00 | コメント(4) | 本のまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りりーさん、こんにちは。

なるほど〜!参考になります。いつも、ありがとうございます(^^♪
Posted by こーじ at 2014年05月15日 21:38
>こーじ さん

わぁい^^そう言って頂けると嬉しいです♪
こちらこそ、いつもコメントくださって、ありがとうございます(≧▽≦)
Posted by りりー at 2014年05月16日 08:33
著者です。こんなに丁寧に書いて下さってありがとうございます。2014年12月25日に第2弾を出しました。ぜひご一読下さい!そして、また感想を書いて下さい!
Posted by 佐藤治彦 at 2015年01月04日 22:31
> 佐藤治彦 さん

わぁ!まさか著者の方から直接コメントを頂けるとは…嬉しいです!ありがとうございます!(≧▽≦)
第2段を出されたんですね!ぜひ読ませていただきます♪
Posted by りりー at 2015年01月18日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コンピューターによる広告スパムを防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。