2014年04月23日

モルディブ・ドバイ新婚旅行記2


※当ブログは、liliki.netへ移転しました。
しばらくすると、自動的に新ブログへ転送します。






天国のような楽園モルディブから、中東の未来都市ドバイへとやって来ました。

(前回の記事→「モルディブは、天国でした!!【モルディブ・ドバイ新婚旅行記@】」)




ドバイで一番綺麗な…



空港から迎えの車に乗って、ホテル*1 へ。









チェックインを済ませた後は、





ATMでお金をおろします。*2


*1 ホテル:リビエラホテルというホテルに泊まりました。日本人が多かったです。
*2 日本円を両替するより、海外キャッシングする方が、レートが良いです。(海外キャッシングのやり方→「世界一周のお金の持ち歩き方」)






そして、ツアー会社を探して、







明日の砂漠ツアーに申し込み、





電車に乗って、散策へ。












近代的なビル郡に、圧倒されます。





駅からタクシーに乗って、



「ジュメイラ・モスク」にやって来ました。





ここは、ドバイで最も美しいといわれるモスクなんだとか。







確かに、綺麗。…なんですが、えっと、実際あんまり「感動」はなかったです。トルコで散々モスクを見てきたので「あー、はいはい、これね〜」って感じでした。(←失礼…!)





行く時間によっては中を見学することもできる*そうなので、そしたらもうちょっと楽しめるかもしれません。


* 火・木・土・日曜の10:00〜行われているツアーに参加すると、内部も見学させてもらえるそうです。9:45受付開始。参加費:10ディルハム。(2013年 地球の歩き方情報)





世界で一番高い◯◯





ドバイのタクシーは、初乗りが3Dh(84円)*と安いです。


*最低料金は10Dh(280円)から。メーター制です。





ただ、渋滞がひどいんですよね…。




そんな渋滞を抜けてようやく着いたのが、



ドバイモール!!




ここには「世界一高いビル」として有名な「ブルジュ・ハリファ」があるのです!!




おぉ〜!!




でっか〜い!!






「ブルジュ・ハリファ」の下では、






華麗な噴水ショーが行われていました。





ときに優雅に、





ときに豪快に、




噴水は音楽に合わせて踊ります。





噴水と音楽が見事に調和していて、と〜っても綺麗でした!



動画だと、こんな感じ。
 ↓


ショーは30分に1回、毎回違う曲をやってました。





世界で一番大きい◯◯



もう一つ、ドバイモールといえばこれ!




巨大水槽!!





ギネスにも登録された世界最大の水槽です。






圧倒的な迫力で、見る者を圧倒する水槽。






その中をスイスイと泳ぎまわる魚群。










いかつい顔をしたサメや





優雅な顔をしてひらひら舞泳ぐエイ。





そして魚群。





まるで海の底から魚を眺めてるような錯覚に陥りました。





世界一のショッピングモール






ドバイ・モールは、とにかく広いです。










広すぎて、迷ってしまうほど…。





スケートリンクまでありました!









なんでもこのドバイ・モール、「世界最大のショッピングモール」なんだとか…。





ドバイの人って「世界一」が好きなのね(笑)





「オールド・ドバイ」を散策




翌朝。



ホテルの朝食を食べた後、




市内観光に向かいました。




今日は、ドバイの歴史が香る「オールド・ドバイ」を散策します。







まずは“ゴールド・スーク”と呼ばれる「金」のマーケットに到着。






金キラキン♪








また、しばらく歩くと




今度は“スパイス・スーク”に出ました。





なんだかよくわからないスパイスが、た〜くさん!


ちなみに、「スーク」というのは、「市場」という意味です。





 ↑
このインド人のおじさんは、



 ↑
このターバンを、95ドルで旦那さんに売りつけようとしてました。いらないって言ってたら、最終的に10ドルまで下がったけど。(どんだけボッタクってるんだ…?)







ドバイの中の「インド」




歩いているうちに、川に出たので







「アブラ」と呼ばれる船で向こう岸に渡ると、





“オールド・スーク”に到着。おみやげ屋さんがぎっしりと並んでいます。





「ルルブ!ルルブ!!」





「ほら!この店!!」と言う客引きに着いて行くと





いきなり、アラブ人っぽい服を着せられました。





ドバイの現地人女性は、この「目だけ出てる服」着てるんですよねー。






 ↑
旦那さんは、こういう白い服&赤いターバンのセットを着せられて、まんまとお買い上げしてました。しかも、彼はその服が相当気に入ったらしく、アラブ服を着たままお店を出て歩き出しました。



すると、大変…!客引きがわらわらと集まってくるじゃないですか!


「良いカモが来たぜ!」と思われたのか、頭のターバンを何度も巻き直されたり、服をひっぱられたり、しつこく絡まれます。



なんか久々に「インド」を感じました。(実際インド人が多くて、お店によっては、けっこうボッタクってきます。要注意!)





「るるぶ」使ってくる客引き多いなー。






日本人はよくカモにされるのか、通りを歩くと、客引きたちから片言の日本語で話しかけられす。




「カッコイー!」
「カワイネー!」
「スゴーイ!」
「オカチマチ!オカチマチ!」



…お、御徒町?!




なんか彼らの中では「オカチマチ」というフレーズが流行りみたいでした。

「オーカーチーマーチー!!オーモーテーナーシー!」

そう叫ぶ客引きから逃げるようにして




パタスキヤ地区へ。
ここは、歴史的建造物を保護している遺産地区なんだとか。





少し写真を撮った後、また例のオカチマチ!攻撃を抜けて、船乗り場へ戻りました。





砂漠ツアーへ




午後は「デザート・サファリ」という名の「砂漠ツアー」に出かけます。




ホテルから迎えの車に乗って、1時間ほどで砂漠に到着。




ここで、しばし休憩です。





オプションで150ディルハム(約4,200円)払えば、


 ↑
このバギーに15〜20分くらい乗れるらしいです。ツアー代と同じ料金(150ディルハム)で20分しか乗れないなんて、けっこう高いですね!






他には、ラクダを眺めたり











ブランコに乗ったりすることもできます。





 ↑
車は、タイヤの空気圧を調整してるみたい。




1時間ほど待つと、ようやく出発!


他の車と、1列になって進んで行きます。

(砂漠のど真ん中で、車が砂にハマって動けなくなったら大変なので、みんなで一緒に行くんだそうです)





デザート・サファリ







さぁ、いよいよ、やって来ました!!砂漠ドライブのスタートです!!





砂丘を登ったり下ったり、まさにジェットコースターのよう!!





キャーッ!!!(≧▽≦)



…って感じでした。わたしは。





車内は「シーン…」でしたけど。





「キャー!!」って言いそうな若者がね、いなかったね。




なんせ同乗者が、インド人の年配ご夫婦と、アフガニスタン人のおとなしそうな青年2人だったもんで。





ドライバーもさ、BGMはトランス系のアゲアゲ曲をかければいいものを、なぜかインド系のバラードかけてましたからね。なんで?!





わたしも一人で絶叫するのもアレなんで、「オゥ!」と小声でつぶやく程度にしときました。



なんだかんだ、けっこう楽しかったです♪






少し砂漠で写真を撮ったら、






20140414_097.jpg

バーベキューディナーの会場へ。




ここで「キャメル・ライド」(ラクダ乗り)ができると聞いていたのですが…





…あ、こういう感じね。ふーん。





その辺をちょろっと行って、帰ってきて終わり。
ラクダに乗ってる時間は3〜4分と言ったところです。




なのに超行列!みんな順番無視して、割り込んでくるし!!




ラクダも疲れてて、超機嫌悪いし。口で突いてくるし。





…もう旦那さんガッカリ。


彼は、わたしがモロッコのサハラ砂漠で撮った


 ↑
こういう写真を撮りたかったみたい。



「ラクダの写真撮るために、この服買ったのに…!」と言って、落ち込む旦那さん。(彼は、ラクダに乗ったカッコイイ写真を撮るために、買ったばかりのアラブ服を着てスタンバイしてました)




思うようなラクダの写真は撮れませんでしたが、ご飯を食べて出し物見てたら、旦那さんも元気になったみたい。



 ↑
ご飯






 ↑
出し物1:スーフィー・ダンス








「だ、大丈夫?!!」って心配になるくらい、くるくるくるくる回り続けます。目が回らないのかしら?!








しかも、光る!







観客も大盛り上がり!






出し物2:ベリーダンス


さっきのくるくるダンスに比べると迫力がなく、イマイチ盛り上がりにかけましたが、お姉さん頑張ってました。








「ちょっと手拍子は?」





「聞こえないわよ?!」


20140414_003.jpg

「ほらっ!手拍子してよ!!」と、無理やり観客を盛り上げるお姉さん。






そんなお姉さんのベリーダンスが終わると同時に、ツアーも終了。車に乗って、21時頃ホテルに帰ってきました。






荷物をまとめてホテルをチェックアウトし、空港へ。









深夜の便でドバイをたち、




無事、日本へ帰ってきたのでした☆


あ〜、楽しかった\(*^▽^*)/

------------------------------

次回は、モルディブ旅行にかかった費用の総額と、モルディブのホテルの選び方…など、モルディブに行く前にわたしがぜひ知りたい!と思ってたことを、まとめてお届けします☆お楽しみに\(*^▽^*)/
 ↓
モルディブ新婚旅行に行く前に知っておきたかった10のこと


※ドバイの見どころや、物価、治安、移動手段などは、こちらの記事にまとめました♪
 ↓
ドバイ旅行に行く方必見!【完全ドバイ観光マニュアル☆】



人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



Facebookでは当ブログの最新情報や、国内・海外旅行・登山情報・旅行のコツ等をいち早くお知らせしています。
良かったら「いいね!」して、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓ ↓ ↓



Twitterでもいろいろつぶやいてます。
 ↓



インスタグラムは、最近始めました。
 ↓

Instagram




posted by りりー at 07:00 | コメント(8) | モルディブ・ドバイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラクダけっこう意地が悪いというか、人を見るような気がする。
といっても、人間の方が勝手にラクダをこき使ってるんだけど。

前の記事で費用面がなかったのであれ?と思ってたけど、さすがリリさん、次回で発表ですか。抜かりないですね。
Posted by Crew at 2014年04月24日 00:15
> Crew さん

わぁ、そうなんですか!ラクダって、意外と頭良さそうですもんね。わたしなんて、完全にラクダにナメられるタイプですよ(笑)

うふふ^^金銭面やモルディブ旅行の選び方など、詳細書いてたら長くなっちゃったので分けました♪
Posted by りりー at 2014年04月24日 21:57
私の国にようこそいらっしゃいました
ドバイにはアラブの人間は数少ないのです
ほとんどが外国の人間です
Posted by キング ドバイ at 2014年04月24日 22:15
>キング ドバイ さん

初めまして☆
わぁ!キングドバイさんは、ドバイにお住いなんですか?!
確かに、ドバイで働く人の9割は外国人だと聞いたことがあります。UAE国民はお金持ちだから、働く必要がないんですよね?^^
Posted by りりー at 2014年04月25日 08:44
はじめまして…!
この度、新婚旅行でモルディブ&ドバイに行くことになり、色々と参考にさせていただいています。
モルディブはとにかくゆっくり、まったりするつもりなのですが、ドバイでは砂漠観光がしたいなぁと、漠然とながら考えておりました。
日本のツアー会社で申込もうかと思っていたのですが、こちらを拝見して、現地で申込んだほうが良いのかな…?と。
そこでいくつか質問させてください…!

alhind travelsさんは、ドバイのどの辺りにあるのでしょう?
一時間前にお店に行って、当日参加したりはできますか?
また夫婦揃って英語は全く…といった状態なのですが、申込みはできますか??
英語がわからずとも、ツアーは楽しめる内容なのでしょうか?

と…ご存知の範囲で構いません。
教えていただけると非常にありがたくぞんじます(お辞儀
Posted by 月 at 2015年05月24日 21:14
> 月さん

はじめまして!モルディブ&ドバイ、楽しみですね^^

alhind travelsは、地図で言うとこの辺っぽいです。

http://yp.theemiratesnetwork.com/map/United_Arab_Emirates/Dubai/Alhind_Middle_East_Travels_100212.html

一時間前にお店に行って、当日参加ができるかどうかは、ちょっとわからないです…。すみません。。

事前に、メールで問い合わせておくのが一番安心だと思います!以下、alhind travelsのメールアドレスです。ツアー内容や値段などを、聞いておくといいと思います。
 ↓
alhind@alhinddubai.ae

フェイスブックページもあるので、こちらから問い合わせてもいいかも。
 ↓
https://www.facebook.com/pages/Alhind-Travels-Dubai/380372632031901

英語が苦手でしたらGoogle翻訳が便利ですよ^^(ときおり不自然な英訳になったりもしますが、だいたい意味は通じると思います)

ツアー自体はブログに書いた通りの流れなので、英語がわからなくても楽しめると思います。ガイドさんとの意思疎通が難しい場合は、「プリーズ・スピーク・モア・スローリー…」とか言えば、ゆっくり話してもらえるかも。それでもわからなければ紙に書いてもらうといいと思います。あとは英語の電子辞書を持って行くと安心かもしれません♪

新婚旅行、楽しんできてくださいね^^
Posted by りりー at 2015年05月25日 20:43
お返事いただきありがとうございます!
早速メールで問い合せてみたのですが、なぜかエラーで戻ってきてしまって…(涙)
なので、フェイスブックで問い合せてみました。
返事が来ることを祈りつつ、ご親切に感謝です(>人<;)
Posted by 月 at 2015年05月25日 21:19
> 月さん

あらら、メールアドレス変わっちゃったんですかね?
フェイスブックで、すぐにお返事来ますように…^^☆
Posted by りりー at 2015年05月26日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コンピューターによる広告スパムを防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。